Google検索

日本の検索エンジンシェアは Google が97% 超です。 SEO は実質的にGoogle対策をする形となります。Googleは検索ユーザーの満足度を上げたいので、検索ユーザーが満足するぺージを制作することが上位になるための第一歩です。
日本で最も多くのユーザーが利用している検索エンジンは Google です。「え、周りの人はみんな Yahoo! を使っているよ」と思う人もいるかもしれませんが、実はYahoo! 検索では、 2010 年 l2 月から Google の 検索エンジンが採用されており、それ以降Yahoo! 検索と Google 検索の検索結果はほとんど同一になりました。 日本においてSEO施策を行うときは、実質的に Google に向けた対策と同義になります。
Google に評価され、検索結果に上位表示されるのはどんなウェブぺージなのでしょうか。これを理解するためには、 Googleのビジネスモデルを知る必要があります。
Google は世界最大のインターネット企業です。その収益の大部分は 「検索連動型広告」と呼ばれるサービスから成り立っています。検索連動型広告とは、検索結果の上部や右側の枠に、検索キーワードに関連した 広告を表示させるものです。
検索連動型広告では、表示された広告がクリックされるごとに広告費が発生します。つまり、より多くのユーザーがGoogle 検索を利用するほどGoogle の収益は増えるのです。そのため、 Google は検索ユーザー の満足度を最も重視します。 Google はユーザーが求めている情報が検 索結果に的確に表示される状態を常に目指し続けているのです。 要するに、 Google に評価され、検索結果に上位表示されるぺージと は検索ユーザーのニーズに沿った有益なコンテンツが掲載されている ページなのです。