アルゴリズムアップデート

ペンギンアップデート/ パンダアップデートって何?

検索順位を不正操作するスパム行為をなくすために Google が導入したアルゴリズムがあります。ペンギンアップデートは不正なリンクを無効化したり、ペナルティをかけたりするアルゴリズムです。パンダアップデートは内容の薄いコンテンツやコピーコンテンツが対象です。

目的は検索結果の健全化です。 SEO に関心を持って調べたことのある人や、 SEO会社に営業提案をされたことのある人なら、「ぺンギンアップデートJ やパンダアップデート」という単語を耳にした経験があるのではないでしょうか。これらの アップデートは、 Googleが順位を不正に操作しようとしてきたSEO会
社や事業者にダメージを与え、検索結果を健全にするために導入された アルゴリズムです。
これらのアップデートが実施されたときには、それまで不正に手を染めていた多くのサイトが順位下落に見舞われたり 、検索エンジンに表示されなくなったりと、強烈な影響力を生じました。それまで安泰と見られていた、 企業が運営する大手サイトが大幅に順位を落とす例もいくつか発生したため、「ブラ ックハ ッ トSEO はリスクが高く見合わないという認識が広まるきっかけにもなりました。 余談ですが、これらのアップデー トを経て多くのSEO 会社が倒産や業界転換を行いました。「ツールを使ってリンクを量産し外部リンクを増やすだけの中身のないページを量産してサイトのページ数を増やすといった手法が適用しなくなったためです。きちんと内部施策やコンテ ンツの提案ができない質の低いSEO会社は徐々に減ってきています。
ペンギンアップデートは不正なリンクを検知し、評価を無効にしたり、 悪質であればぺナルティを与えたりするアルゴリズムです。 2012 年4 月に初回のアップデートが行われ、その後も継続して更新されています。
ペンギンアップデートが対象とする不正なリンクの例を挙げましょう。
量産した無料ブログやサイトからのリンクなどです。関係のないサイトとの過剰な相互リンクや有料で購入したリンクや報酬と引き換えにブロガーにリンク入りの記事を書かせるなどです。
要するに「そこにリンクがあってもユー ザーにメリットがなく、誰もクリックしないようなリンク」と、「対価と 引き換えにもらったリンク」が対象になると考えればよいです。 しかし、広告の場合はリンクがなければそもそも成り立たないことが 多いでしょう。そんなときは、リンク先に評価が渡らないようリンクタ グに rel=”nofollow という属性をつければ問題ありません。
SEOとは直接関係のない話題ではありますが、対価と引き換えに書かれた記事にはPRなどのクレジット表記を徹底しましょう。ノンクレジッ 卜広告は消費者をだますステマ(ステルスマ ーケティング)としてネットユーザーに 大変嫌
われており、露見すれば炎上やブランドの失墜を招きかねません。
パンダアップデートはコンテンツの品質を評価し、低品質と判断すると評価を落としたり、ペナルティを与えたりするアルゴリズムです。日 本では 2012 年7月に導入されました。こちらもぺンギンアップデート 同様、現在まで継続して更新が行われています。パンダアップデートが低品質と判断するのは下記のようなぺージです。

  • 他サイトと内容が重複している(オリジナリティが低い)
  • 内容が乏しく薄っぺらい
  • 文章の一部分を変更しただけのページがいくつもある

具体的に例を挙げると、 Wikipedia からコピーして語順や“てにを は”を変えただけ、クロールした情報をまとめて転載しているだけ、地 名を変更しただけなどのコンテンツが対象となります。要する に、「他サイトからのパクリ」や「ユーザーが読んで損したと感じるようなぺー ジ」でサイトを水増ししてはいけないということです。