外部からのリンクを増やす

Google のアルゴリズムは、引用される回数の多い論文ほど高い評価を受けるという「論文評価のしくみ」を応用したところから出発しています。引用を「リンクに置き換えて、ほかのWeb サイトからたくさんリンクを集めているサイトやぺージほど、評価を高くするようにしたのです。しかし、これだけでは不十分でした。アルゴリズムの裏をかいて、自作自演でリンクを量産する悪質なSEOスパマーが出現したのです。 その対策のために、 Google は単純にリンクの数を評価するのではなくリンク元のサイトや、リンクの張られ方もチェックして、不自然なリンクに対しては評価に加えなかったり、ペナルティを与えたりするようになりました。このGoogle による対策をペンギンアップデートといいます。 ペンギンアップデート以降、自作自演で、リンクを増やす行為は、リターンよりもリスクの方が大きいと考える人が増えました。その時期、 Googleもさかんにコンテンツ重視の方針をアナウンスしていたため、 外部リンク主体の SEO は終わったと唱える風潮が高まっています。

しかし、検索順位を決定するアルゴリズムにおいて、リンクが占める比重はいまでも高いままです。自作自演でリンクを増やすのではなく、 「自然なリンクを増やす」ための施策が求められているのです。自然リンクを増やすためには、「言及や参照をしたくなるコンテンツ作り」や、ソーシャルメディアや広告を使った初期露出などの工夫が必要になります。