過剰にキーワードを詰め込む

下に記すのは、キーワードを大量に詰め込んだ過度なSEO対策の例で、NG行為として知られています。見た目も不自然で、このような行為は慎むべきです。

  1. title属性やalt属性の値の中にキーワードを詰め込む

2010年のGoogle新システム導入後、テキストの詰め込みすぎに対して警告が発せられています。

2. meta要素に大量のキーワードを詰め込む

欲張りすぎるのはNGです。スパムと見なされる可能性が高いため、例えばkeywordsの場合、できれば5個以内に収めましょう。

3. meta要素に<body>内に出現しないキーワードを使用する

meta要素の中には、body内のキーワードを用いるのが通例です。なぜなら、meta要素は本文を要約するような情報を用いるために使用するものだからです。

4. 見出しゃリストの中で特定のキーワードを繰り返し使用する

見出しゃリストタグなどは重要文を示します。その中に特定キーワードを繰り返し使用すると、過剰な施策と捉えられ、スパムになる可能性があります。

5. 模様のように見えるキーワード羅列

模様に見えるくらいたくさんのキーワードが書かれていることは問題です。適正なキーワード出現率からは大きく逸脱しています。過剰なキーワードを詰め込んだ場合の悪いソースコード例は、次の通りです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *