全体を備撒できるようにするために

このように、コンテンツ情報全体を把握でき、快適に閲覧してもらうためにも、全体をイ府敵して見られるようなWebサイトを目指し、構築していきましょう。この節で解説したことをまとめると、以下のようにユーザー目線での使い勝手のよさを追求することが必要です。

  • 現在位置を理解しやすい構造か?
  • 現在位置から戻りたい場所へ即座に戻れるか?
  • Webサイト全体を把握しやすいか?

理解しやすいサイト構造は、SEOに直結するものといえます。これは、PCサイトでも同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です