アクセスしてもらうスニベットの書き方

検索結果のページには、似たキーワードを用いたサイトが並びますが、その中で自分のサイトにアクセスしてもらえるように、 ユーザーの目を引く文章を書くことを意識します。

例えば、通販サイトを運営していて、 lつの商品を詳しく紹介する ページを作成したとします。そのページの 「description」には、商 品 や サ ー ビ ス の 紹 介 と 同 時 に 「 初 め て の 方 1 5 % 分 ポ イ ン ト 還 元 」「送 料無料」「当日配送」などの文言があると、 ユーザーの目を引いて、 アクセスに結び付きやすいものです。

できるだけ具体的に、誰にでもわかりやすいメリ ットを書くと、ユー ザーのアクションにつながりやすいと言えます 。ユーザーに「 どうせ買うならこのサイトで買いたい」と思ってもらえるように工夫したスニペットを記述することが重要です。

Googleや Yahoo!JAPANの検索結果に表示されるスニペットの先頭には、日付が表示されることがあります。検索エンジンがページを読み込み、ページの更新日付を判断し、自動的に表示しているた めです。すべてのサイトのスニペットに日付が表示されるのではなく、検索エンジンが更新日付を判断できたサイトのスニペットにのみ、テスト的に表示されます。スニペットに表示できる文字数は全角 110 文字程度を目安に記述すると解説しましたが、日付が自動的に挿入された場合なども考慮しているためです。 こ れ に よ っ て 、 日付が挿入されても全文を表示するととができます 。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *