目標キーワードのナビゲーションレイアウト

lつのウェブサイトで複数の目標キーワードを設定する場合、その重要度によって「大目標」「中目標」「小目標」の3つに分類をします。この重要度とは、自社にとっての重要度です。このキーワードで1位を獲得したい!と決めたものが、大目標となります。

 SEOの難易度で使われるビックキーワード、スモールキーワードとは異なりますので、ご注意下さい。なお、目標キーワードはナビゲーションに使用します。

・大目標

大目標は5個まで。大目標に設定した目標キーワードは、グローバルメニューに設定します。

・中目標

中目標は10個まで。中目標をトップページに表示する場合は、サイドメニューに設定します。

・小目標

小目標は、大目標と中目標に関連するキーワードで可能な限り増やします。大目標、中目標から遷移したウェブページのサイドメニューとして設定します。

 大目標は、ビッグキーワードになることが多いです。だからといって、大目標からビックキーワードを外さないでください。目標キーワードは意志です。ビッグやミドル、スモールといった単語の難易度は市場原理の結果であって、自社の意志とは関係がありません。

 ビックキーワードの上位検索を目指す過程で、ミドル、スモールキーワードといった複合キーワードなどが上位検索されるのは前向きですが、初めからビックキーワードを諦めている方が多いように感じます。目標キーワードは、難易度の高いところを狙って設定するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です