欲張らずに絞り込む

検索キーワードを書き出したら、どの検索キーワードに対してSEOを取り組んでいかを決めましょう。
書き出した検索キーワードのすべてで上位表示をしたいと思うかもしれませんが、二
兎を追う者は一兎をも得ずという、ことわざもあります。欲張らずに、本当に大事な検索キーワードに絞り込みましょう。絞り込めば絞り込むほど、webページやwebサ
イトのテーマも絞り込まれて、SEOも取り組みやすくなります。
たとえば「女性専門の整体院」と誰でも受け入れる「一般的な整体院」とで比べてみても、女性専門と「女性」に特化をしたほうが、一般的な整体院よりも、女性の満足度が高いサービスを提供することができますよね。SEOでも検索キーワード(検索意図)を絞れば絞るほど、集中して対策をしていくことができます。
絞り込んでいく際には、検索意図に合わせてグループ分けもしておくとよいでしょう。
たとえば「場所で探している」といっても、駅名や区市町名など、複数のキーワードが想定されます。このときに「場所」というグループ分けをして、把握しやすくしておくことで、そこに含まれるキーワードの漏れを防ぐことができます。また絞り込んだキーワードの中でも、どの検索キーワードが一番重要になるかなどwebページやwebサイトにとっての優先度も考えてましょう。絞り込む目安としては、webページやwebサイトであれば、メインとなるキーワー ドを3つ、組み合 わせたキーワードを
5~10個程度にしておくとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *