迷子の解消

閲覧者が陥りやすい問題として、今、自分がサイト内のどのページにいるかわからなくなってしまうということが多く挙げられるのではないでしょうか。こういった迷子の多く発生するサイトでは、共通して上手にページネーションが活用されていないといったことがわかるのではないでしょうか。このように、ページを移動するたびにどこにいるのかわからなくなってしまうサイトというのは、閲覧者にとって非常にストレスになるのではないでしょうか。また、検索エンジンにとっても誤認を生んだり、同一コンテンツなのに別コンテンツであると認識されてしまったりということが起こりがちと言えるでしょう。滞在中のページリンク要素は色や文字の大きさなどを変えたりするなど、工夫しておくと良いのではないでしょうか。ストレスの多いサイトは、必然的に閲覧者は減少してしまうものではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です