SEOペナルティー

ホワイトハット SEO/ ブラックハット SEO についてみていきましょう。
正攻法で順位向上を目指すのがホワイトハット SEOです。検索エンジンを「だまして 上位表示を目指すのがブラックハット SEOです。

SEO はズルい? SEO対策と聞くと、「小手先のテクニックで検索上位に表示させようとす るズルいテクニックのことでしょう ?J というイメージを抱いている人
が少なくありません。実際、検索エンジンのアルゴリズムが未熟だった 頃には、アルゴリズムの裏をかいて上位表示するテク二ツクがSEO対策の 主流を占めていた時代もあります。しかし、現在ではそうした手法のほとんどが通用しなくなっています。 Google のアルゴリズムが高度になり 、不正に検索順位を操作しようという試みをかなりの精度でできるようになったためです。
Google は、正攻法のSEOをホワイトハ ット SEO 、不正に検索順位を操作しようとするSEO をブラ ックハット SEOと呼んで区別し、後者に対してはぺナルティを科すなどして検索結果が汚染されないようにしています。 Googleから ペナルティを科されると、検索順位が大幅に下落 したり、最悪の場合では検索結果にまった く表示されなくなったりします。発覚しやすいうえにリスクが大きいブラ ック ハットSEO対策は、ほとんどの場合で割に合わないといえます 。

ブラックハット SEO の中には、「過去には有効だった」テクニックが 多数存在します。古い情報を参照してしまったり、昔の知識を更新していないSEOコンサルタントの助言を受け入れてしまったりしたために、 知らず知らずのうちにブラックハット SEO に手を染めてしまい、マイ ナスの影響を受けているケースが少なくありません。 そのようなトラブルを避けるために、以下にブラックハット SEOの 代表的な手法を紹介します。これらの手法を行わないように、あるいは すで、に行っていないか確認してください。
コンテンツの自動生成は、ペナルティになります。コンテンツを水増しするために、プログラムを利用して、自動的にテキストを生成する手法のことです。適当な文章をランダムにつなぎ合わせるワードサラダといわれる手法が主流でした。このように作られた テキストは、当然のことながら支離滅裂で意味不明なものばかりで、まっ たく価値がありません。現在でも「文章自動作成ツール」などと題した ツールが多数販売されていますが、きちんとした自然文が出力される ツールは皆無ですので、購入してはいけません。
また、有料リンクの購入や過度な相互リンクもだめです。 対価と引き換えにリンクを得ることはGoogle によって禁止されてい ます。リンク販売をうたうサービスは無数にありますが、ぺ ナルティを科されるリスクが高いので避けるべきです。自動生成される相互リンク集などのサービスも人為的なリンク生成と見なされやすいた め、登録を避けた方がよいでしょう。広告にリンクが設置される場合に は、リンクタグに rel=”nofollow” 属性を設定して、リンク評価を受 取らないようにしましょう。
検索エンジンのク ローラー (Web サイトの文書や画像などの情報を収集するプログラム)からアクセスされたときに、ユーザーからアクセスされたときとは異なるコンテンツを表示する手法です。クローラーからアクセスされたときも、ユーザーからアクセスされたときと同じコンテンツを表示してください。
隠しテキストや隠しリンクもペナルティーになります。
背景と同色のテキス卜を使うなど して 、ユーザーからは普通見えない
テキス卜やリンクを設置する行為です。ユーザーに見られると問題にな
るようなテキス卜は、初めから掲載してはいけません。
コンテンツの無断複製もペナルティーになります。
他のサイトや書籍などからコンテンツを無断で複製する行為です。 SEO以前に著作権侵害ですし、コピーコンテンツは Google から評価さ れません。必要な引用を行うときには著作権法に定められた引用方法を 遵守したうえで、引用箇所を quote タグで囲みましょう。
キーワードの詰め込みすぎも評価を落とす原因となります。 数年前まで、「検索上位に表示するためには、ぺージのテキストに何 %以上は狙ったキーワードを含めるといったテクニックがよく議論に なっていました。しかし、現在の Google のアルゴリズムはそんな単純なテクニックで左右されるほど脆弱ではありませんし、やり過ぎるとスパム行為とみなされやすくなります。掲載するテキストではキーワード の含有率などは意識せず、自然でわかりやすい文章を心がけましょう。